展示会のブースを設営しよう~施工業者に任せよう~

クレームの対応を行う

オペレーターの女性

企業に対する意見やクレームが寄せられるコールセンターは、消費者や顧客の声を聞くためには欠かせない部門です。コールセンターに集まった意見に企業はできるだけ対応していきます。コールセンターと聞くと、クレームの対応などと考えている企業も多いようですが、営業の一つであるセールスやテレアポイントを行うコールセンターもあるのです。そのようなコールセンターでは、顧客を増やすために消費者や顧客となるお客様に企業側から連絡を行っています。このような役割を持つコールセンターですが、そこでの業務をより効率的に行えるものもあるのです。それがコールセンターシステムです。コールセンターシステムには、インバウンドとアウトバウンドという2つの種類があり、それぞれの部署や役割に合わせて活用されています。

どのようなコールセンターであっても、大量の電話が鳴ってしまうとオペレーターが対応できなくなります。ただ、コールセンターシステムを活用することにより、電話が集まった際に着信を受けられるオペレーター先の受信機にその電話を順番通りにつなぐことができるのです。このため、オペレーターはかかってきた電話にでるだけでいいといったシンプルな対応をすることができます。オペレーターシステムを活用することにより、ダイヤルをする必要もなくなりました。電話がかかってきた際にすぐに空いているオペレーターにつなぐことができるため、業務も円滑に行うことができるのです。コールセンターシステムを導入して、対応マニュアルなどを作成しておけばより、顧客に対して平等な対応ができるでしょう。